これはラーメンブログではない

ラーメンブログではないと言いたいが、ラーメンについて書いてるブログです!【ラヲタじゃないっす】

*

豚骨やたい 九州雄の辛豚骨ラーメン in 草津

      2015/08/20

豚骨やたい 九州雄の辛豚骨ラーメンを食べてきました。娘と琵琶湖で釣りに行った昼、豚骨やたい 九州雄に流れることに。ぶっちゃけ、余裕の30℃越え。天城越えよりツライ状況にもかかわらず、帰帆島で釣りを慣行。幾度となくスズメ蜂に襲われ、かなり不機嫌モード。最後には、剛竿サイドワインダーで一発食らわせ、大スズメ蜂を闇に葬る次第。

そんな状況が続くなら、おいしいラーメンでも食べてる方が生産的だってことで、1番近くにある有名ラーメン店に流れることに。言わないでも土地勘があればわかるとおもいますが、帰帆島からだと豚骨のあそこしかないっす。

ってことで、豚骨やたい 九州雄はじまりはじまり!

豚骨やたい 九州雄
豚骨臭に誘われ豚骨やたい 九州雄に到着したのは、日曜日の13時くらい。いつもは長い行列が出来てることが多いが、さすがにこの暑さ、1組だけ待ってました。そこから名前を書いて、メニューを見ながら順番を待つのですが、約15分くらい無風の灼熱の地獄。

ここに、かの昔、話題となった釈お酌でビールでも飲んで待つなら、何の問題もないんだが、なんせ車なんでそれも無理。というか、そもそも釈型ロボットを持っていない(笑)

琵琶湖なら、いくらかの風があってマシだったが、そこから外れるとめちゃくちゃ暑いのが滋賀の特徴。

メニュー
メニューはこんな感じ。前回は、熟成豚骨を食べたが、メニューが少々変わってるようだ。名前が変わってるだけって噂もあるが、塩豚骨にあっさりと濃のバリエーションが増えたくらいなのかな。

夏バテ知らずのうちら親子は、灼熱の太陽に数時間照らされた後でも、余裕でコッテリを選べたりする。

そこで、俺は未食の辛豚骨800円をバリカタで。そして、からあげセット350円でキメっ。娘は、濃豚骨680円をノーマルで注文。

待つ間、水で火照った体を冷ましながら、短時間で体力回復を試みる。この冷たい水が体に染み渡ってやたらうまい。ガンガンにきいたクーラーに水、夏最高とめっちゃ良い気持ちになれるんです~!

濃豚骨
濃豚骨が登場。相変わらずうまそうです!

辛豚骨
辛豚骨の登場。想像していた以上の血の池地獄ぶりに、昔に流行った地獄ラーメンを思い出す。地獄何丁目なんてメニュー、今はあまり見かけないけど、罰ゲーム的に楽しんだ記憶が…(^▽^;)

トッピングはシンプルにチャーシュー・もやし・きくらげの3種類。

辛豚骨のスープを飲んでみると、四川ナイズされた豚骨スープといった感じで、豆板醤を主軸に辛さをマシていってる感じ。これがマイルドな後味の豚骨と相性がバッチリで辛ウマ ∑d(≧▽≦*)OK!!

辛豚骨のバリカタ
辛豚骨のバリカタは、赤麺と呼ばれる唐辛子を練り込んだような細麺。これが辛いスープを、1段上の辛さに引き上げてくれる。しかも、この麺、よくスープと絡むんだ。

気付けば四十路になる俺が豚骨をペロリ。しかも、白麺で替玉を注文してるし(笑)

次は、ゴマを大量にふりかけ、ぺろりんちょ!

夏に辛豚骨、
恐ろしいマッチングっす ∑d(≧▽≦*)OK!!

からあげ
からあげはライスとセットになって登場。豚骨スープからの唐揚げ。そして、ライスでキメる。このルーティンを繰り返す幸せ。人間で良かったと思える瞬間です。

また、この後、再び釣りに戻るんだが、外に出れば照り返す太陽で40℃近くになる。でも、これだけ食い体力をつければ、どれだけ暑くとも、夏バテ・熱中症知らずでございます。

親子ともども、ごちそうさまでした m( _ _ )m


豚骨やたい 九州雄
滋賀県草津市穴村町250-6
TEL 077-532-3476


※用語説明

サイドワインダー
釣りメーカーdepsの竿。depsファンの俺には必須アイテム。あまりの豪腕ぶりにスズメ蜂も1発でノックアウトできる(笑)

釈お酌
バンダイから5,378円(税込)で発売されていた釈型ロボット。釈がお酌してくれるという、今考えても恥ずかしい駄洒落ぶりに当時の俺は食いついてしまった。



 - 滋賀, 草津市 , , , ,