これはラーメンブログではない

ラーメンブログではないと言いたいが、ラーメンについて書いてるブログです!【ラヲタじゃないっす】

*

煮干中華そば のじじでノーマルとニボバタご飯 in 宇都宮市

      2016/08/19

中華そば のじじ

宇都宮で煮干ラーメンと言えば、時代屋と中華そば のじじとなるんでしょうか。地元じゃないんで詳しいことはわかりませんが、今回は良い評判をよく聞く中華そば のじじをチョイス。宇都宮だけでなく、千葉の我孫子にも煮干中華そば のじじがあるそうです。

 

今回は、かなり離れたところからウォーキングにて向かっているのですが、このアホほどデカいショッピングモールはなんなんでしょうね? 他の地域ではあまり見かけないようなタイプのショッピングモールっす。永遠に続く駐車場に、上の階にのぼるってことを知らない建物。しかも、お昼時に歩いていたので、そこの従業員らしき大群の人達がわんさといてます。

 

そうこうしていると、丸亀製麺所の向かいに中華そばのじじを発見。平日の12時過ぎくらいに訪問!

 

行列が絶えないのじじ

煮干中華そば のじじ

中華そばのじじは、すでに行列で外並び中。北関東でも煮干系は人気がある様子。看板には「NOJIJI」の文字が羅列されており、いかにもゲームチックなデザインが目を引きます。行列4人目に接続すると、みんな食券を持って並んでいたので、のじじは先に食券を購入タイプの店と気付き、店内の券売機で食券を購入して、再び並びに接続します。
そんなことをしていると、店内からお姉さんが来て、注文を聞きにきてくれます。

 

 

煮干中華そばのメニューは3種類

券売機

中華そば のじじのメニューは、こんな感じとなっており、煮干中華そばといえどEASY・NORMAL・HARD・HARD裏の4種類あるみたい。この日、注文できたのが煮干中華そばのEASYとNORMALのみだったので、中華そば ノーマル750円にニボバタご飯200円なる不思議なサイドメニューを購入。

 

ちなみに、のじじの店主さんはゲーム会社出身らしく、冷やしを冷STAGE、半替え玉を1UP、追い玉なるまぜそば風な追加麺をCONTINUEと表現している。この独特の感覚がなんともおもしろいっすね。
行列から店内に入るまで、10分くらいと回転は良い感じ。店内はカウンターのみで、たぶん8席くらいあったような気がする。

 

ニボラー泣いて喜ぶ中華そば

煮干中華そば

カウンターに座って5分くらいで、煮干中華そばの登場。丼からは、ふんわり煮干の香りがして、ノーマルとはいえ只者ではない感じがビンビンに。まずはスープから飲んでみると、動物系+煮干でニボの存在感がしっかりあるタイプ。ノーマルでこの存在感なら、ハードならぶっ飛びハードコアな世界が広がるんでしょうね。

 

このスープの特徴として、煮干のビターなパンチもあるんですが、動物系の存在感もしっかりしてるので、後味がすごく良い。クセがあるのに、クセを感じさせない構造となっている。わかりづらい説明になって

ますが、ようは飲みやすいということっす!

 

ガツンと鼻腔を突いて、はらわたの苦味やえぐみを使うタイプの煮干しも好きですが、しっとりおしとやかな煮干も好き。ましてや、今回のみたく中間を走るタイプも好き。ようは煮干なら、なんでも好きとも言えます(笑)

 

 

トロトロチャーシューに生タマネギのアクセントがバッチリ

トッピング

トッピングは、チャーシュー・メンマ・タマネギ・長ネギというラインナップ。スープを飲んでたり、麺を啜ったときに、時折当たるシャキシャキの生タマネギがリフレッシュ感を与え、良いアクセントになってます。

 

チャーシューは、とろとろで柔らかいタイプ。メンマはビジュアルがおもしろい四角いタイプ。

 

 

麺は煮干ラーメンの定番、細麺でパッツリ食感!

細麺

いつからそうなったのか、誰がはじめにやったのかは不明だが、煮干といえばプツリとした歯切れの良さがある細麺が定番。中華そば のじじもパッツリした細麺をあわせてきている。これが煮干スープと相性バッチリでうまいんですよね!

 

麺を啜り、煮干の香りが、キュンキュン鼻を刺激して、ヒデキ感激の世界が広がると、俺のギャランドゥは最高潮。2ヶ月は剃りたくない気分に浸りました…

 

 

ハート型のバターがかわいいニボバタご飯

ニボバタ飯

サイドメニューにあった不思議なニボバタ飯はこちら。ハートの形をしたバターに煮干が入っているご様子。そこにネギとほぐしチャーシューという感じなのかな。熱いうちにかき混ぜないとバターが溶けないらしいので、早々にかき混ぜてあげることに。

 

お味は、複雑にからみあって、正直よくわからんが、最後にほんのりバターの香りがするような、甘いタレが引っ張るような、少し煮干の香りもするような、完全に頭はコンフューズ。でも、ニボバタ飯は楽しいので、煮干中華そばのお供に。ってか、半分くらい食べた後に、残った煮干スープを入れるとおもしろいかも!

 

次、宇都宮に来たときは、HARDを狙ってみたいっ!

 

ごちそうさままでした m(_ _)m

 

 

煮干中華そばののじの店舗情報

煮干中華そば ののじ
栃木県宇都宮市インターパーク1-5-1
TEL 028-612-8567

 

 - 宇都宮市, 栃木 , , , ,