これはラーメンブログではない

ラーメンブログではないと言いたいが、ラーメンについて書いてるブログです!【ラヲタじゃないっす】

*

肥後橋に新たな醤油ラーメンが登場? とりそばモリゾーはどこか懐かしさと新しさが融合するハイブリッド型ラーメン!

      2017/06/22

とりそばモリゾーのとりそば

最近にわかにラーメン激戦区になりつつある肥後橋周辺。2017年2月にらーめん香澄の3号店となるとりそばモリゾーがカチコミしにきた。座銀・世界一暇なラーメン屋・進化驀進・神虎・とりそばモリゾーなど、まだまだ発展途中のこのあたりのらーめん人口、そのパイを奪い合うべく血で血を洗う争い、仁義なき戦い広島死闘編が大阪で繰り広げられてる感じでもある。

と、大好きな映画に例えてみたが、あんまりうまく書けそうにもないので、いつも通り自然な感じでダラダラと書いていきます。少し前にらーめん香澄で煮干まぜそばを食べたばかりだが、今回は新店舗のとりそばモリゾーに挑戦っす。

肥後橋駅から徒歩5分くらいですかね。駅方面から言うと、激辛チキンカレーで有名な肥後橋南蛮亭を通り過ぎ、ハンバーグが有名なグリルピエロの斜め前に位置する感じ。ラーメンとは関係ないが、どちらもうまいんで、まだ食べたことない人はどうぞ(笑)

ニワトリにまたがるモリゾーさんが目印だ

とりそばモリゾー

とりそばモリゾーに到着したのが11:30あたり。まだそこまで並んでないっしょと高を括ったが、行列は6人とすでに人気の様子。もりぞーさん、新店舗でも順調なんすね!

いつも通り1人なので、スマホでアホ丸出しな情報をゲットしながら、待つこと15分くらいで店内へ!

とりそばもりぞーのメニュー

とりそばモリゾーの券売機

とりそばモリゾーはとりそば・中華そば・とりそばまぜそば・カレーまぜそばの4本流し。本来得意とする醤油ラーメンがCome Backした感じで個人的には嬉しい限りですね。

モリゾーさんがらーめん香澄の厨房に立ってたときの昔の醤油ラーメンの記事もありますよ。

 

とりそばモリゾーのメニュー
特製とりそば1000円
味玉とりそば900円
とりそば800円
特製中華そば950円
味玉中華そば850円
中華そば750円
特製とりまぜそば1000円
味玉とりまぜそば900円
とりまぜそば800円
特製カレーまぜそば1000円
味玉カレーまぜそば900円
カレーまぜそば800円
麺大盛100円
ご飯小50円
ご飯中100円
ご飯大150円
チャーシュー丼小250円
チャーシュー丼350円
玉子かけごはん200円

 

今回のとりそばモリゾーのフラグシップメニューは、ボタンがでっかくなっちゃってるとりそばなんでしょう。中華そばととりそばの違いも知りたいが、とりあえずスタンダードメニューからということで、とりそば800円にごはん中100円をポチリ。

少し待ってからカウンターへGO!

そのとき、モリゾーさんに「お久しぶり〜♪」と軽く手を振って着席。ホンマ久しぶりの再開っす。忙しそうなので、邪魔にならないよいうに静かにしてました。

 

とりそばとライスとご対麺!

とりそばとライス
まず、とりそばのビジュアルにビックリ。今までスタイルとは異なるブラックスタイル。

こりゃタマランチ会長!

久しぶりにでるか、

でるか・・・

これに白飯なんて多摩蘭シズル感っしょ〜(笑)

はい、往年の懐かしい名前も出たことで、軽く軽快に話をすすめますね!

 

昔ながらの中華そばと今の醤油ラーメンのハイブリッド型!

とりそば
先ほども少し触れたが、ブラックスタイルな醤油ラーメン。見た目が各地ご当地であるようなブラックラーメンのような装い。富山ブラック・大阪ブラック・湖国ブラックのようにね!
しかし、スープを飲むと、見た目と違い優しい口当たりで、キュッと効いた醤油の香りに、鶏と魚介のがバランスよく配分された、モリゾーさんお得意のスープスタイルにトリコになってしまう!
これ、めちゃくちゃうまいっす (≧∀≦)

 

HIPHOPに例えると、レコード2枚がけを考えたクールハークと多彩なフローを生み出すケンドリックラマーが手を組んだような1杯。自分でも、なんでHIPHOPに例えたかは意味不明だが・・・新旧醤油ラーメンのいいとこどりをしたような仕上がり。

ホント、少しラーメン熱が冷めかけてる俺の心を再び再燃させてくれるような感じっす!

 

トッピングが鶏オールスターなんですよね

とりそばのトッピング
トッピングは鶏オールスターが勢揃いしたアベンジャーズのような豪華さ。鳥モモと鶏胸肉なんで2種類ですが、ハルクとアイアンマンというところでしょうかね(笑)

そこにメンマ・なると・白髪ネギ・青ネギがどっさり。

マジこれで800円でいいんすか?

少し前に食べた、らーめん香澄の煮干まぜそばも豪華なトッピングでしたが、こちらも負けてませんなぁ。しっとりした胸肉のチャーシューやジューシーなモモ肉でライスをかきこんだら、幸せなこと幸せなこと!

 

特徴的な平打ち麺は麺屋棣鄂だった

麺屋棣鄂の平打ち麺
まだまだ驚きは続く、麺は平打ち麺で麺屋棣鄂にオーダーしてるらしいっす。大阪広しといえど、醤油ラーメンにこれだけの平打ち太麺を使ってるのは、四神伝の漢の背脂中華そばくらいしか思いつかない。

その上、平打ち麺が全粒粉入りだなんて、吉川友のわがままボディもかなわんでしょう(笑)

全粒粉特有のボソボソとしたを全面に出した食感でなく、気持ちい啜り心地でツルツルっと喉を刺激してくれる。スープとの絡みもいいし、良い仕上がりになっとります。マジでうまいっすね~♪

そこまで時間かけず全メニュー制覇したいっす。

 

 

味玉とりまぜそばとご対麺

味玉とりまぜそば

前回とりそばを食べたので、今回は味玉とりまぜそばを注文。夜に訪問したのですが、昼とは一転して行列はなし。尼崎さん(もりぞーさん)は夜はいてないが、並ばないで食べれるだけラッキーかもね!

サラリーマン相手がメインとなる肥後橋は、夜になるとアルコールがメインとなる店が強い。とりそばモリゾーを行列なしで食べようと思ったら夜が狙い目ですよ!

 

登場したのはボリューム満点のとりまぜそばを実食してみます!

 

とりまぜそばの具

味玉とりまぜそばのトッピング

味玉とりまぜそばのトッピングは、味玉が1つ・大きな鶏チャーシュー・なると・白ネギ・青ネギという感じ。

この具のボリュームで、とりまぜそば800円・味玉とりまぜそば900円、この地域ではリーズナブルな価格設定。最近、ラーメンだけでなくまぜそばも値段が上がってますからね!

 

 

とりまぜそばの麺

とりまぜそばの麺

麺は平打ち麺で麺屋棣鄂。とりそばで使用してるのと同じで全粒粉入り。小麦の風味豊かでツルツルした喉越しと食感が特徴。

まぜそばと言えば、煮干しまぜそばをらーめん香澄でもだしていおり、醤油ベースのあっさりまぜそばはお手のものと想像していたが、間違いない感じですね!

らーめん香澄の煮干まぜそば、ゴロゴロ角切りチャーシューで満足度2倍2倍!

ビンゴー、和風で煮干しを使ったタレのまぜそばでした!

ピロピロとした、きしめんの食感を強くしたような麺にタレがしっかり絡む。

こりゃ~うまいわ Σ( ̄□ ̄|||)

酒も入ってたこともあり、即完食してしまった。

次はカレーまぜそばでも食べるかな!

 

とりそばモリゾー店舗情報

とりそばモリゾー
大阪府大阪市西区江戸堀1-15-16
TEL 06-6448-2777

 - 大阪, 大阪市西区 , , ,